ER動物救急センター

ご挨拶


ERグループ(動物救急センター練馬・文京・府中)を運営しております株式会社アニマルメディカは「獣医療の役割分担と地域連携」の実現を目指して平成25 年4月に設立されました。
私たちは、人医療と同様に獣医療においても地域連携がとても重要なテーマであり、この連携によって飼い主様やホームドクターの皆様の利便性が上がることで、結果として1頭でも多くの動物たちの命を救うことに繋がると考えています。

ERグループは、一般動物病院(ホームドクター)より紹介を受ける二次救急センターです。当センターを地域の動物病院におけるICU病棟と位置づけ、いわゆる 急性期の間は当センターにて24時間付き添い看護下の集中治療を行うというイメージです。(飼い主様のご要望に応じて更に三次診療施設としての体制の整った大学病院等もご紹介することも可能です。)
しかしながら、二次診療における飼い主様の金銭的なご負担は決して軽くないというのも現実です。私たちは、飼い主様が無理なご負担をすることなく、可能な 範囲の治療をしてあげるということも動物との生活ではとても重要な事と考えます。そのため、当センターでは状態安定後は出来るだけ早くホームドクターへ転院していただくことをご提案させていただきます。
まず救命・救急治療にご費用が大変かかることはご理解いただき、当センターで の集中治療をどこまで行うのか、ホームドクターに戻るタイミングなどについて ホームドクターとご家族でもご相談をいただき、概算費用についてもご遠慮なく 担当獣医師にお尋ねください。

私たちは今後も一定の地域内(まずは首都圏近郊)で一定数の開業獣医師のご賛同をいただくことで、ER動物救急センターを新たに開院していくことを検討して おります。
飼い主様およびホームドクターの皆様には、引き続き当センターの考え方や存在 意義について何卒ご理解をいただきますよう、この場を借りまして改めてお願い 申し上げます。

平成30年4月

株式会社アニマルメディカ

Scroll Up