ER動物救急センター

ER八王子 042-670-1277

診療時間:9:00~22:00

(電話受付 9:00〜)

ホームDr.に繋がらない飼主様:

24時間対応

軟部外科


軟部外科について

腹腔内出血、胆嚢破裂、膀胱破裂、胃拡張捻転症候群などの緊急外科手術に可能な限り対応します。また肺葉捻転や心嚢水貯留に対する心膜切除などの胸部外科疾患への手術も可能です。肝外門脈シャントでは体重1キロ未満の症例についてもご相談下さい。
さらに会陰ヘルニアをはじめとする各種ヘルニアに対し通常の術式では完治が難しい場合の手術手技や、術後管理の比較的簡単な会陰尿道造瘻術など様々な術式を提供することができます。
またターミナルケアを含めた症例に対しての胸腔ドレーン、胃瘻チューブ、膀胱腹壁瘻チューブなど、尿管閉塞に対して はSubcutaneous Ureteral Bypass (SUB) デバイスの設置も行なっております。

ER八王子 動物高度医療救命救急センター
軟部外科 主なスタッフ

軟部外科長
入江 なつは

<認定資格・経歴・講演等>
1992年 麻布大学卒業後、東京大学付属動物病院外科研修医終了後、東京、沖縄での動物病院勤務。
2008年 東京大学特任助教として東京大学付属動物病院外科系診療科に勤務。
2015年 ER動物救急センター文京センター長。
現在ER八王子およびER文京の軟部外科長を担当。

(科長よりメッセージ)
QOLを向上させるための外科を心がけています。そのために新しい手法や安全な手技を取り入れ、常に安定した術後と、少しでも早いオーナー様との生活への復帰を提供できるようにしたいと思って術式を選択しています。
また新しいデバイスなども紹介いただいたホームドクターで管理いただけるように、当院に見学に来ていただければ取り扱いなどについて直接ご説明することも可能です。 特任助教の時より継続している肝外門脈シャントに関しては、100症例以上の手術経験があり、早期発見ができたものに対しての早期治療をおすすめしています。
いずれもメリット・デメリットをオーナー様にご説明し、最善の治療をご提供できるように心がけています。

資料・症例紹介

ER八王子 動物高度医療救命救急センター

腫瘍科診察日以外の救急診療は随時実施

腺癌症例:Mシュナウザー 11歳10か月

ER八王子 動物高度医療救命救急センター

消化管腫瘍のCT検査時に

後大静脈奇静脈結合を確認

ER八王子 動物高度医療救命救急センター

肝臓外科

総胆管切開・胆嚢切除術

ER八王子 動物高度医療救命救急センター

肝臓外科

総胆管切開十二指腸吻合術

門脈シャント

ER八王子 動物高度医療救命救急センター

術前CT

ER八王子 動物高度医療救命救急センター

術中Carm結紮前

ER八王子 動物高度医療救命救急センター

術中Carm結紮後

Scroll Up