ER動物救急センター

セミナー


セミナー報告

ER動物救急センターでは、協力連携病院の先生方を対象に臨床セミナーを行っております。



2018年10月07日 第12回 ER主催臨床セミナー


【第1部】

  演者:西尾 里志 ER 練馬センター長

●テーマ

  変わらない救急処置をえる3

【第2部】

  演者:大坂 文 ER 府中副センター長

●テーマ

  動物救急センターで引き受けている整形外科

【第3部】

●テーマ

  動物救急センター 動物救急センター 八王子 【ER 八王子】(仮称) 開設準備についてご説明

当日の詳細はこちら

第12回 資料

pdficonhttp://er-animal.jp/seminar/agenda20181007_12_2.pdf(PDFファイル 11MB)



2018年1月17日 第11回 ER主催臨床セミナー


【第1部】

  演者:西尾 里志( ER 練馬 センター長)

●テーマ

  血液浄化療法とは

【第2部】

  演者:テルモBCT 株式会社

●テーマ

  スペクトラオプティアで何がきるか~血漿交換・骨髄幹細胞回収小板白球除去〜

【第3部】

  演者:柿嶌 圭 (ER 府中 副センター長)

●テーマ

  血漿浄化療法を行うことで救える症例

当日の詳細はこちら

第11回【第1部】資料

pdficonhttp://er-animal.jp/seminar/agenda20180117_11_1.pdf(PDFファイル 5.5MB)

第11回【第3部】資料

pdficonhttp://er-animal.jp/seminar/agenda20180117_11_2.pdf(PDFファイル 1.2MB)



2017年7月30日 第10回 ER主催臨床セミナー


【第1部】

  演者:上田 悠 先生 UC Davis校 米国獣医師 救急集中治療専門医
  進藤 允 ER府中呼吸器・集中管理

●テーマ1

  米国の救急獣医療現状 大学病院とER の役割 一般病院との連携等について

●テーマ2

  ER 府中呼吸器外来の立ち上げについてと開院から疾患症例報告

【第2部】

  演者:上田 悠 先 UC Davis校 米国獣医師 救急集中治療専門医

●テーマ

  救急来院時の対処 【予定 】

【第3部】

  司会: 西尾 里志( ER 練馬センター長)
  パネラー: 上田 悠 先生 / 都倉 克信 / 柿島 圭 / 進藤 允

●テーマ

  日米動物救急医療現場のディスカッションタイム

当日の詳細はこちら

第10回 資料

pdficonhttp://er-animal.jp/seminar/agenda20170730_10_1.pdf(PDFファイル 16.8MB)

第10回 資料

pdficonhttp://er-animal.jp/seminar/agenda20170730_10_2.pdf(PDFファイル 2.3MB)

第10回 資料

pdficonhttp://er-animal.jp/seminar/agenda20170730_10_3.pdf(PDFファイル 1MB)



2017年6月27日 第9回 ER主催臨床セミナー


【第1部】

  演者:林慶先生 コーネル大学准教授

●テーマ1

  跛行診断

●テーマ2

  前十字靭帯断裂の診と治療 前十字靭帯断裂の診と治療 前十字靭帯断裂の診と治療

【第2部】

  演者:是枝哲彰先生 藤井寺動物病院 院長

●テーマ

  股関節疾患に対する骨頭切除術 と人工全置換

【第3部】

  演者:都倉克信 ER府中センター長
  西尾里志 ER練馬センター長

●テーマ

  ER 府中の救急医療体制・緊外科症例内容ご報告

当日の詳細はこちら

第9回【第3部】資料1

pdficonhttp://er-animal.jp/seminar/agenda20170627_9_1.pdf(PDFファイル 9.8MB)

第9回【第3部】資料2

pdficonhttp://er-animal.jp/seminar/agenda20170627_9_2.pdf(PDFファイル 6.6MB)



2017年2月19日 第8回 ER主催臨床セミナー


●テーマ

『ER府中開設にあたって』

【第1部】股関節/膝関節疾患の診断と治療

  演者:是枝 哲彰 藤井寺動物病院 動物人工関節センター院長

【第2部】救急疾患の治療戦略を考える

  演者:都倉 克信 動物救急センター府中センター長

【第3部】安全な麻酔管理と術後管理

  演者:柿嶌 圭 動物救急センター府中副センター長

3月4日にER府中の開院を迎えるにあたり、府中でも執刀していただく是枝先生に講義していただきました。また、ER府中のセンター長および副センター長から、これまでの救急症例を交えながら講義させていただきました。 申し訳ないことに当日は他の大きな学会と日程が重なってしまいましたが、40名程の先生方にお集まりいただき、ER府中の病院内もご見学いただきました。

第8回【第2部】資料

pdficonhttp://er-animal.jp/seminar/agenda170219_8_2.pdf(PDFファイル 22.3MB)

第8回【第3部】資料

pdficonhttp://er-animal.jp/seminar/agenda170219_8_3.pdf(PDFファイル 4.0MB)


2017年1月9日 第7回 ER主催臨床セミナー


●テーマ

『変わらない救急処置を変える2~肺水腫・痙攣重積・熱中症・SIRSでの人工呼吸管理~』

  演者:西尾 里志 動物救急センター練馬センター長

前回の開催から時間が空いてしまいましたが、2017年3月に予定しておりますER府中の開院ご挨拶を兼ねまして、府中グリーンプラザにて第7回ER主催臨床セミナーを行いました。「変わらない救急処置を変える」というテーマで、ER練馬センター長の西尾が講義させていただきました。新年早々の夕方・夜の開催にも関わらず80名超の先生方にお集まりいただきました。

第7回資料1

pdficonhttp://er-animal.jp/seminar/agenda170109_7_1.pdf(PDFファイル 26.0MB)

第7回資料2

pdficonhttp://er-animal.jp/seminar/agenda170109_7_2.pdf(PDFファイル 28.0MB)


2015年12月6日 第6回 ER主催臨床セミナー


●テーマ

『サードスペースに溜まる水』

【第1部】救急病院でみられる血腹症例

  演者:高橋 洋介 動物救急センター文京副院長

【第2部】サードスペースのドレナージ

  演者:入江 なつは 動物救急センター文京センター長

2015年最後の開催となります第6回ER主催臨床セミナーは、「サードスペースに溜まる水」をテーマに第1部では実際にER文京で治療にあたった血腹症例の紹介をさせていただき、第2部では、ドレナージの必要性と具体的な手技について講義させていただきました。師走のお忙しいところ、40名もの先生方にお集まりいただきました。

第6回資料1

pdficonhttp://er-animal.jp/seminar/agenda151206_6_1.pdf(PDFファイル 1.3MB)

第6回資料2

pdficonhttp://er-animal.jp/seminar/agenda151206_6_2.pdf(PDFファイル 37.2MB)


2015年8月16日 第5回 ER主催臨床セミナー


●テーマ

『低アルブミン血症への対処』

【第1部】低アルブミン血症を伴う患者へのアプローチ。

  演者:三原 貴洋 動物救急センター練馬院長

【第2部】低アルブミン血症・循環不全の麻酔。循環改善薬の使用。

  演者:土居 瑛希子 横浜市立大学院 医学研究科 医科学専攻 生体制御・麻酔科学教室 博士課程在籍 動物救急センター練馬 非常勤獣医師

【第3部】低アルブミン血症状態での緊急外科と術後管理。

   演者:西尾 里志 動物救急センター練馬/中野 統括センター長

第5回ER主催臨床セミナーは、「低アルブミン血症」をテーマに3つの視点から講義をさせていただきました。お暑い中、80名を超える先生方にお集まりいただき、熱気を感じる勉強会となりました。

第5回第1部資料

pdficonhttp://er-animal.jp/seminar/agenda150816_5_1.pdf(PDFファイル 0.7MB)

第5回第2部資料

pdficonhttp://er-animal.jp/seminar/agenda150816_5_2.pdf(PDFファイル 1.8MB)

第5回第3部資料

pdficonhttp://er-animal.jp/seminar/agenda150816_5_3.pdf(PDFファイル 4.5MB)


2015年3月24日 第4回 ER主催臨床セミナー


●テーマ

【第1部】発作とジアゼパム

  演者:西尾 里志 動物救急センター練馬/中野 統括センター長

【第2部】様々な口腔MASS

  演者:入江 なつは 動物救急センター文京 センター長

第4回ER主催臨床セミナーは、ER文京開院のご挨拶も兼ねまして、文京シビックセンターにて開催いたしました。第1部ではER練馬/中野統括センター長の西尾より、痙攣重積時の救急対応について講義をさせていただきました。第2部では、2015年4月からER文京センター長に就任する入江より、口腔内にできる悪性または良性の腫瘍、さらに腫瘍ではないものに対する治療のポイントをお話しさせていただきました。

第4回第1部資料

pdficonhttp://er-animal.jp/seminar/agenda150324_4_1.pdf(PDFファイル 1.9MB)

第4回第2部資料

pdficonhttp://er-animal.jp/seminar/agenda150324_4_2.pdf(PDFファイル 54.3MB)


2015年1月11日 第3回 ER主催臨床セミナー


●テーマ

【第1部】CT画像診断の基礎と活用事例

  演者:夏堀 雅宏 先生 北里大学獣医学部獣医放射線学教室教授

【第2部】門脈体循環シャントの診断と手術

  演者:入江 なつは 先生 動物救急センター練馬軟部外科長

第3回ER主催臨床セミナーは2部制としました。第1部では北里大学より夏堀先生にお越しいただき、CTの基本原理から撮影手技、読影、被ばくリスク、など幅広く講義をしていただきました。第2部では、2015年1月から当院に加わった入江先生から実際の臨床現場でいかにCTを活用していくかという視点から症例紹介などを交えてお話いただきました。

第3回資料

pdficonhttp://er-animal.jp/seminar/agenda150111_3.pdf(PDFファイル 1.28MB)


2014年11月30日 第2回 ER主催臨床セミナー


●テーマ

閉塞時の尿路変更術 ~尿道結石から腫瘍まで~

  演者:入江 なつは 先生  東京大学動物医療センター外科 特任助教

第1回と同じく入江先生をお招きし、尿路閉塞をいかに解除するかというテーマでお話しいただきました。尿路閉塞は放置すれば致死的な問題になり得ます。どのような症例を、いつ、どうやって、どのくらいの時間をかけて、通常の生活に戻すのか。また、その後の管理をどう行なうのか。様々なバリエーションを想定して、対処方法を紹介していただきました。

第2回資料

pdficonhttp://er-animal.jp/seminar/agenda141130_2.pdf(PDFファイル 1.9MB)


2014年9月28日 第1回 ER主催臨床セミナー


●テーマ

鼠径ヘルニアと会陰ヘルニア ~外科的整復を おこなう時のポイント~

  演者:入江 なつは 先生  東京大学動物医療センター外科 特任助教

当センター主催として初めてセミナーでしたが、約70名もの協力連携病院の先生方にお集まりいただきました。第1回目のテーマは鼠径ヘルニアと会陰ヘルニア。外部講師として入江なつは先生にお越しいただき、簡単だと思われがちな鼠径ヘルニアの手術中のPitfall、会陰ヘルニアの手術で失敗しないポイントなど、教科書には載っていない部分にフォーカスをしぼってお話しいただきました。

第1回資料

pdficonhttp://er-animal.jp/seminar/agenda140928_1.pdf(PDFファイル 2.3MB)

Scroll Up