ER動物救急センター

学会発表


学会発表


2020年 第16 回 日本獣医内科学アカデミー学術大会(JCVIM 2020)
血液交換療法を実施した難治性自己免疫性溶血性貧血の犬2 例
pdficonhttp://er-animal.jp/lectures/lecture_2020_02-1.pdf(PDFファイル 1.5MB)
救急獣医療における院内 cTnI 測定と院内 TAT 測定による早期の病態区別の重要性
pdficonhttp://er-animal.jp/lectures/lecture_2020_02-2.pdf(PDFファイル 1.2MB)

第99 回日本獣医麻酔外科学会・2019 年秋季合同学会
脾臓過形成性結節自壊後に多発性 異所性脾臓を形成した犬の 1 例
pdficonhttp://er-animal.jp/lectures/lecture_2020_01-1.pdf(PDFファイル 1.8MB)
神経内視鏡を併用し切除した頭蓋底部脳腫瘍の1 例
pdficonhttp://er-animal.jp/lectures/lecture_2020_01-2.pdf(PDFファイル 2.1MB) 脳ヘルニアにより17日間の人工呼吸管理を行った猫の1 例
pdficonhttp://er-animal.jp/lectures/lecture_2020_01-3.pdf(PDFファイル 1.2MB)
2018年 アジア獣医外科学会(台湾開催)
グリオブラストーマ治療について
pdficonhttp://er-animal.jp/lectures/lecture_2018_1201.pdf(PDFファイル 335KB)
2018年 日本獣医麻酔外科学会・春季合同学会
救急獣医療現場におけるロッキングプレートを用いた脊椎固定術について
pdficonhttp://er-animal.jp/lectures/lecture_2018_0617.pdf(PDFファイル 502KB)
2016年 獣医麻酔外科学会
麻酔外科講演人工呼吸管理について
講演内容
pdficonhttp://er-animal.jp/lectures/lecture_2016.pdf(PDFファイル 521KB)
2012年 獣医神経病学会
犬の舌咽神経鞘腫の1例 >>詳細資料
2012年 首都大学東京大学院 学術論文
顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)
の神経保護効果
医学・再生医療領域において、
幹細胞誘導効果と中枢神経保護効果が
注目されているG-CSFを犬の
脊髄炎治療及びテンカンマウス(ELマウス)に使用しその効果についての研究
URL: http://jairo.nii.ac.jp/0178/00002376
2011年 獣医麻酔外科学会 血液浄化療法
腹腔内出血による出血性ショックに対し実施した
自己回収血輸血の有効性 >>詳細資料
2011年 獣医神経病学会 顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)による犬の脊髄保護療法
2010年 内科学アカデミー
神経機能の回復を妨げる脊髄損傷をMRIを用いて評価する必要性 >>詳細資料
2008年 首都大学東京大学院 犬の椎間板ヘルニアと神経幹細胞移植 >>詳細資料
2008年 獣医神経病研究会 プロテアーゼインヒビターの使用により脊髄軟化症の進行が
みられなかった3症例 >>詳細資料

学術セミナー発表


2011年 積極的治療により良好なQOLを獲得した椎体骨肉腫椎体固定・化学療法により
1年以上歩行可能となり生存 >>詳細資料
2011年 外傷性の椎体骨折への緊急手術例 受傷後数時間で椎体固定術を実施し
歩行機能を回復した症例 >>詳細資料
2011年 急性腎不全への血液透析症例 SIRS・ユリ中毒・溶血性貧血後ARF
2009年 積極的治療により良好なQOLを200日獲得した頸髄組織球性肉腫の1例
環椎軸椎亜脱臼症 脊髄損傷をMRIを用いて評価する >>詳細資料
2009年 脳圧が高い どのように観察しどのように治療するか
2008年 パグ脳炎の治療の可能性 脳内SIRSとして考える >>詳細資料
Scroll Up