ダルメシアンの飼い方まとめ!性格や子犬の迎え入れ費用、里親は?

ダルメシアン

アメリカで消防のマスコットとして親しまれているダルメシアンは、白地に黒の模様が特徴的な犬種です。

聡明な性格で友好的なダルメシアンは、外向的で遊び好きな一面もありますよ。

この記事では、ダルメシアンの性格や特徴、子犬の価格、迎え入れる際の注意点などについてまとめました。

 

ダルメシアンの基本情報

歴史

ダルメシアンはヨーロッパの多くの国で存在が確認されているにもかかわらず、正確な祖先はよくわかっていません。

番犬や狩猟犬・牧羊犬・軍用犬としてだけでなく、ビクトリア王朝時代のイギリスでは馬車に伴走する犬としても大いに重宝されていました。

自動車の登場により仕事の場は減っていきましたが、当時まだ馬が引いていた消防車に伴走する犬としても活躍。現在でもアメリカの消防署ではマスコットとして扱われていますよ。

 

体の特徴

ダルメシアンは、「水玉模様(スポット)」「並外れた体力」「筋肉質な体つき」「ビロードのような手触りの被毛」が特徴的な犬種です。

 

大きさと毛色

ダルメシアンは体高54~61cm体重24~32kgほどで大型犬に分類されます。オスの方がやや大きくなりますが、さほど変わりません。

毛色は2色あり、斑点がレバー色の毛色を「レバー・スポット・バラエティー」、斑点が黒の毛色を「ブラック・スポット・バラエティー」として認められています。

 

ダルメシアンの性格

性格

  • 愛情深い
  • 好奇心旺盛
  • 活発で遊び好き
  • 警戒心が強い

ダルメシアンの性格は、「愛情深い」「好奇心旺盛」「活発で遊び好き」「警戒心が強い」などです。

女の子は慈愛に溢れた性格をしており、おもちゃを子犬に見立てて懸命に世話を焼くこともありますよ。

走ることや動き回ることが大好きなので、小さいお子さんがいるご家庭はケガに気を付けましょう。

家族には愛情をもって接しますが、家族以外の人間や初めて会った動物には警戒心を強く見せることがあります。

 

ダルメシアンの迎え入れ

この項目では、ダルメシアンの迎え入れにかかる費用と迎え入れ先について紹介します。

迎え入れ費用

子犬価格

  • 20万~45万円

ダルメシアンの子犬の迎え入れ費用は、20万~45万円です。

「黒いブチ模様のバランス」「性別」「両親のコンテストでの成績」などによっては、迎え入れ費用に差が出ることもありますよ。

迎え入れ先

ペットショップで扱われていることは少ないため、ブリーダーや里親制度を利用しての迎え入れが基本となります。

 

ダルメシアンの飼育環境の準備

揃えるもの

揃える項目

  • ケージ
  • トイレ用品
  • 食器類
  • 首輪やリード
  • ケア用品

飼い主さん家族とのコミュニケーションが欠かせない性格なので、室内飼育が理想的です。

ダルメシアンとの生活をより快適なものにするために、「ケージ」「トイレ用品」「食器類」「首輪やリード」「ケア用品」をまず揃えるようにします。

 

ダルメシアンの食事

犬を飼育されている飼い主さんのほとんどは、ドッグフードを与えています。

ドッグフードを選べ際は、「総合栄養食」と記載されているドッグフードを選びましょう。

これは水とドッグフードだけで健康が維持できるドッグフードです。食物アレルギーの子の場合は「グレインフリー」表示のあるドッグフードを選びましょう。原材料表示の主原料が「肉類」であることが望ましいですよ。

手作り食を与えたいと考えている方は、「一般食」と記載されているフードがおすすめです。いわば「おかず」のようなものであり、手軽にトッピングとして栄養を追加することができます。

食事量

基本は、普段与えているドッグフードのパッケージ裏面に記載されている量を与えるようにしましょう。

ただ、体重の換算表は愛犬が「理想体型」であることが前提なので、太っている子や痩せている子の場合は調整が必要になります。

子犬やシニア犬の場合も体調に合わせて量を変えましょう。

おすすめのドッグフード

ダルメシアンにおすすめのドッグフードは「モグワン」です。

モグワンはチキンやサーモンといった動物性タンパク質を50%以上も使用しています。品質は人間が口にできるものを使っていますので、安心して与えることができますよ。

穀物を使用していない「グレインフリー」で、着色料や香料なども不使用。どの年齢の子にも与えることができるので、ドッグフード選びに迷っている方はぜひ検討してみて下さいね!

キャンペーン実施中!

定期コース初回購入1個半額!

\健康と食いつきを最大限考えた/

 

ダルメシアンの散歩の頻度


1日2回それぞれ60分程度の散歩に加え、自転車などによる引き運動をおこなうようにします。

馬車に伴走して何時間も走っていた歴史があり、豊富な運動量を必要とする犬種だからです。

休みの日にはドッグランに行ったり、ボール遊びをするのもおすすめですよ。

 

ダルメシアンのしつけ

しつけで大切なことは、飼い主がリーダーであるという関係性を理解してもらうことです。

この関係性が崩れてしまうと、立場が逆転してしまい手に負えなくなってしまうことがあるからです。

詳しいしつけの方法については、下記の記事を参考にしてみて下さい。

 

ダルメシアンのお手入れ

お手入れについて

お手入れ項目

  • ブラッシング
  • シャンプー
  • 耳掃除
  • 爪切り
  • 歯磨き

短毛種だからお手入れは楽だと勘違いしている人も多いですが、ダルメシアンは抜け毛の多い犬種です。

そのためこまめにブラッシングを行った方がいいでしょう。

普段のケアが不十分だと皮膚病の原因にもなるので、季節の変わり目や換毛期にはしっかりと抜け毛ケアをしてあげてください。

耳の中も専用のクリーナーを使って綺麗にしましょう。ダルメシアンはたれ耳で通気性が悪いので、汚れが溜まりやすいですよ。

詳しいお手入れ方法は、下記の記事を参考にしてみて下さい。

 

ダルメシアンの寿命・病気

寿命

寿命

  • 10~13年

ダルメシアンの寿命は10~13年で、大型犬の中では長生きする犬種です。

病気

お手入れ項目

  • 尿路結石
  • 緑内障
  • 難聴

飼育する上で気をつけたい病気としては「尿路結石」「緑内障」「難聴」などがあります。

ダルメシアンは遺伝的に「難聴」となりやすい犬種です。

「聞こえてないかも」と不安を感じたら、動物病院で診てもらいましょう。

病気についての詳しい内容は、下記の記事を参考にしてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、ダルメシアンの飼い方について紹介しました。

ダルメシアンはとても活発な性格なので、定期的にドッグランを利用しておもいっきり運動させましょう

昔から馬車馬と一緒に走るぐらいのスタミナがあり、動くことが好きな犬種です。

走ることへの欲求が満たされないと「いたずら」「やんちゃ」になって、手が付けられなくなるかもしれません。

ストレスを溜めないよう気を付けてあげてくださいね。

不安や疑問はプロの力を借りることもオススメですよ。

すでに飼育している、これから飼育を考えている皆様のお役に立てる情報があれば幸いです。

 

↓犬種210種類まとめ記事を読む↓