高齢犬(老犬・シニア)におすすめで評判の良いドッグフード3選!理由と切り替え時期も解説!

  • 監修者:堀田 大揮
  • 所属:獣医師、YouTuber
和歌山県で幼少期を過ごし、大学では犬猫から魚類の手術・麻酔などの外科を幅広く研究し、多くの手術や救命救急に関わり100匹以上の犬猫・爬虫類・鳥類・両生類・魚類と暮らしています。 現在はエキゾチックアニマル専門動物病院で動物と飼い主様に信頼して頂けるような優しい獣医を目指し日々心がけて努めております。

「うちの子もそろそろシニアの年齢になってきたけど…ドッグフードを変えるべき?」と迷っている飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

何歳くらいから切り替えればいい?
成犬向けのフードと何が違うの?
どういうフードがいいの?

など、わからないことも多いですよね。

愛犬に健康で長生きしてもらうためには、質のいいドッグフードを与えることと同じくらい、ライフステージによって適切なドッグフードに変更することが大切です。

この記事では、シニア犬におすすめのフードやその理由、切り替え時期などについてまとめました。

 

犬のシニアは大体何歳から?

明確に何歳から老犬(シニア)になるという定義は存在しません。

人間の場合、だいたい平均寿命の70~80%を過ぎたあたりからシニアと呼ばれることが多いので、その基準を犬に当てはめると以下のようになります。

種類 シニア開始年齢
小型犬 9歳くらい
中型犬 9歳くらい
大型犬 7歳くらい
超大型犬 6歳くらい

 

高齢シニア犬におすすめな、シニアフードとは?

犬 シニア 素材

シニアフードは、老化によって衰えてきた犬の健康状態に合わせて、栄養面でのサポートが配慮されたフードのことを指します。

シニア用のフードには、

カロリーが控えめ
シニア犬に不足しがちな栄養素の強化
消化機能の低下をサポートする成分

などの特徴があり、シニア犬の健康維持を期待できる機能性成分などが配合されています。

カロリーが控えめ

シニア犬は、成犬と比べて運動量が落ち、筋肉も衰えていくので、消費カロリーが低下します。

消費カロリーが低下しているのに、今までと同じだけカロリーを摂取していると肥満の原因となってしまうので、成犬用と比べてカロリーが少なめになっています。

シニア犬に不足しがちな栄養素の強化

人間と同じで、犬も、年をとると関節が弱ってきます。そのため、骨や関節に良い成分が含まれたドッグフードがおすすめです。

また、食べる量も減ってしまうので、質のいい、消化しやすいタンパク質が多く含まれていることも大切です。

消化機能の低下をサポートする成分

シニア犬は、筋力だけでなく消化機能も衰えます。消化酵素の分泌も減少するので、代謝も悪くなってしまうのです。

そのため、消化機能を助けてくれる栄養素が配合された、質のいいフードを与えないと、胃腸への負担が大きくなってしまいます。

療法食について

療法食とは、ある病気や症状に対して、ベストな栄養バランスを考えて作られたドッグフードのことです。

つまり、何かの病気や症状を発症している前提で栄養が調整されているので、総合栄養食とは違い、栄養バランスに偏りがあります。

そのため、何の疾患もない子に与えてしまうと、栄養バランスが悪くなってしまうのです。

獣医師兼YouTuber 堀田 大揮さんのコメント
高齢になると人間同様、加齢に伴う臓器の機能低下などにより、若い時と同じような生活をしていると、体調が悪くなることもあります。
高齢になることで、どういう部分が若い時と比べて劣ってくるのか、またそれを補うために今回であれば食事のような形でケアするためには、何が必要なのかを知る必要があります。

老犬(シニア)にあげるドッグフードの選び方

老犬にあげるドッグフードは、病気や症状の有無によって選び方が違います。

シニア犬にあげるフードは、年齢だけでなく、病気や症状の有無によって選び方が異なります。

病気や、何かしらの症状がある場合には、専用の療法食がおすすめです。

療法食は、飼い主さんの判断で選ぶのではなく、必ず病院で獣医師さんに相談してから選ぶようにしてください。

病気や症状が何もない場合は、総合栄養食のシニア犬用を与えることをおすすめします。

シニア犬向けの総合栄養食は、大きく分けて4つのポイントがあります。

ポイント

  • 低カロリーかどうか
  • 必要な栄養素が多く含まれているかどうか
  • 消化機能を助けてくれる栄養素があるかどうか
  • 無添加かどうか

病気や症状がないシニア犬への、最適なフードを選ぶポイントをご紹介します。

低カロリーかどうか

犬は、年齢や体重によって必要なカロリー量が変わります。

子犬の頃は体が大きくなっていく時期なので多くのエネルギーを必要とします。ですが、体が小さく食事の量が少ないので、少しのフードでたくさんのエネルギーを摂取するために、高カロリーなフードが多くなっています。

成犬の頃は筋力が発達していて、運動量も多いので消費カロリーが高くなります。そのため、子犬の時よりは少なくなりますが、ある程度のカロリーが必要です。

ですが、成犬は食べる量も増えるので、子犬の頃と同じような高カロリーのフードを与えていては、肥満になってしまいます。反対に、成犬用のフードを子犬に与えてしまうのも、栄養不足の原因となるのでよくありません。

シニア犬は、成犬より消費カロリーが減ります。それは、筋力が衰え、運動量が減るからです。そのため、シニア犬に成犬用のフードを与え続けていると、肥満になってしまいます。

そして、肥満はさまざまな病気の原因となります。なので、シニア犬は、1日に摂取するカロリーを、成犬時より10〜15%ほど減らしてあげる必要があります。

成犬の時、与えていたフードで肥満になったり、栄養不足になったりしていないのであれば、そのフードのカロリーから計算して、シニア犬用のフードを選ぶといいでしょう。もちろん、現在の体重も考慮する必要があります。

必要な栄養素が多く含まれているかどうか

成犬には必要なくても、シニア犬には多く必要な栄養素があります。

たとえば、グルコサミン、コンドロイチン、コラーゲンなど、骨、関節、皮膚などにいいとされる栄養素です。

グルコサミンは軟骨を再生、修復する栄養素で、コンドロイチンはグルコサミンと一緒に摂取すると軟骨のクッション性が高まります。

コラーゲンはお肌にいいというイメージがある方も多いと思いますが、関節痛を緩和する効果もあります。

他にも、関節痛を緩和する作用が期待できるMSM(メチルスルフォニルメタン)が配合されたフードも増えています。

また、魚肉などの質のいいタンパク質も必要です。

高タンパク質ならなんでもいいというわけではなく、シニア犬に与えるには、質が良く、消化のいいタンパク質である必要があります。

筋力の衰えを防ぐためにタンパク質は必要ですが、質の悪いタンパク質は、消化機能の落ちたシニア犬には負担になってしまうからです。

新鮮で消化しやすいタンパク質が使用されているかどうかも、大事なポイントです。

消化機能を助けてくれる栄養素が含まれているかどうか

脂肪分の少ない新鮮な肉や魚を原材料に、消化の働きを助ける酵素や乳酸菌なども含まれたフードが、シニア犬には向いています。

消化しにくいものを食べ続けていると、消化不良を起こし、食べ物を受け付けなくなったり、体が疲れやすくなったりする原因となります。免疫力も低下してしまい、様々な病気を発症してしまうことも。

愛犬には健康で、長く生きてほしいですよね。できるだけ体力を奪わずに済むよう、消化しやすいフードを選んであげましょう

りんごなどの果実が含まれているものは、食物繊維も豊富で善玉菌を増やす助けになり、腸内環境の改善に役立ちますよ。

無添加かどうか

ドッグフード、特にドライフードは、賞味期限を長くするために酸化防止剤が使用されています。酸化防止剤には2種類あり、人工的に作られた合成酸化防止剤と、自然界にあるものから作られた天然由来の酸化防止剤です。

合成酸化防止剤より、天然由来の酸化防止剤の方が安全性は高いですが、参加防止の作用が強くないので賞味期限が短くなってしまいます。

合成参加防止剤などの添加物も、胃腸に負荷がかかってしまう原因です。合成添加物の使用されていない、無添加のフードがおすすめです。

獣医師兼YouTuber 堀田 大揮さんのコメント
今現在、フードの種類や効果的な成分も様々あり、自宅の動物さんにどれが合っているのかを自分で判断するのは、難しいかもしれません。
シニア犬向けの総合栄養食はどういうものがあり、自分の子にどれがあっているのかを確認するために動物病院に行って、健康診断などを受診した後、食事内容を決定していくのも今後のケアに重要です。

老犬(シニア)におすすめな総合栄養食

1:ピッコロ

ピッコロ
メイン食材 骨抜きチキン生肉
酸化防止剤 ミックストコフェロール
人工添加物 不使用
穀物 不使用
賞味期限 開封後3ヶ月
内容量 1.5kg
通常価格 4276円(税込)
定期購入価格 3849円(税込)

ピッコロは7歳以上のシニア犬専用で、カロリーや栄養バランス、粒の大きさはもちろん、美味しさも追求しつくられた100%ナチュラル素材のドッグフードです。

特徴はチキンとサーモンを70%以上も配合している点。脂質は抑えめでありながら、豊富で良質な動物性タンパク質をたくさん摂ることができます。

良いサーモンの香りが、食が細くなってきたシニア犬の食欲もそそってくれます。

また関節の健康維持をサポートするグルコサミンやコンドロイチン、健康を維持する持つビタミンA、Cを含むリンゴなど、シニア犬の健康に配慮した食材が多く使われていることも嬉しいポイントです。

 

体重ごとの1日あたりの価格

1kg 2kg 3kg 4kg 5kg 6kg 7kg 8kg 9kg 10kg 15kg 20kg 30kg 40kg 50kg
通常購入時(円) 90 152 206 255 301 345 388 428 468 506 686 851 1153 1431 1692
定期購入時(円) 72 121 164 204 241 276 310 343 374 405 549 681 923 1145 1353
※成犬期を想定した場合

 

 

2:FINEPET’S極

メイン食材 フランス産アヒル肉
酸化防止剤 不使用
人工添加物 不使用
穀物 不使用
賞味期限 開封後3ヶ月
内容量 1.5kg
通常価格 5701円(税込)
お試し価格 1010円(税込)

FINEPET’S極は貴重な動物性タンパク源を多く摂取できながら、粗脂肪量が20%と低脂肪でシニア犬の体に優しいドッグフードです。

原材料に含まれている関節の構成成分であるコンドロイチンやビタミン豊富なクランベリーは、老犬の体にも良い原材料です。

お試し価格で1.5kgをたったの1000円(+税)で購入できるので、まずは通常購入ではなくお試し版を購入することをオススメします。

 

 

3:モグワン

モグワンドッグフード
メイン食材 チキン生肉、生サーモン
酸化防止剤 ビタミン
人工添加物 不使用
穀物 不使用
賞味期限 開封後3ヶ月
内容量 1.8kg
価格 4356円(税込)

モグワンはシニア犬でも消化のしやすい原材料を多く使ったドッグフードです。特に良質な動物性タンパク質であるチキンサーモンが全体の50%も含まれています。

ゆっくりと消化される「じゃがいも」と「さつまいも」も含有しているため、他のフードよりも腹持ちが良いことも特徴的です。

\ キャンペーン実施中! /

最大20%OFF!

詳しくは、「モグワン公式サイト」をご確認ください。

 

 

老犬が食事を食べてくれない場合

もし年齢とともに食が細くなり、あまりドッグフードをあげても食べてくれなくなっていたら、以下の方法を試してみてください。

食べないからといって必要なカロリー量を計算せずに食事を減らすことはおすすめしません。成犬に比べて食事量が減ることは仕方ありませんが、老犬であっても1日に必要なカロリー量は一定存在します。

消費するカロリーに対して食事量が少なすぎると愛犬が衰弱してしまうのでご注意下さい。

 

フードをふやかしてみる

フードをお湯でふやかすと、お湯の温度でフードの香りが際立って愛犬の食欲をそそる効果があります。

また歯が弱っていてカリカリが食べづらいと愛犬が感じていた場合、お湯でフード自体が柔らかくなるので食べ付き改善につながります。

 

トッピングをしてみる

愛犬が大好きなおやつをトッピングしてあげる方法もあります。チーズやささみ、茹でた鶏肉などをトッピングしてあげてみてください。

もしトッピングした食材だけを食べてしまう場合は、細かく切ってフードと均等に混ぜ合わせてみてください。

 

他のフードに切り替えてみる

ふやかしても、トッピングしても食べてくれない場合は今のドッグフードが好みではない可能性があります。他のドッグフードに切り替えてみてください。

また歯周病やアゴの力が原因で食べてくれていない場合はフードを切り替えても解決しないので、動物病院に受診することをおすすめします。

獣医師兼YouTuber 堀田 大揮さんのコメント
老犬において、食事ができない期間が続くと、体調を大きく崩す可能性があり、食べてくれないから、様子を見てそのままにしておくのではなく、色々と工夫した方法を試してから、それぞれの子に合った食事方法で、しっかりとケアを行い、食事を与えていくことが大切です。

まとめ

行動の変化などからシニア犬になってきたと感じたら、体に合ったフードへの切り替えと合わせて、定期的な通院を習慣にすることをおすすめします。

簡単な健康診断や持病があれば治療、獣医さんから生活のアドバイスをもらうなど、成犬時よりも健康に気を使ってあげることが大切ですよ。

通院ペースは1~2か月に1回程度がおすすめですが、一度病院に行ってみて次回からどれくらいの間隔で通えばいいのか獣医さんに聞いてみるのもおすすめです。