シャーペイの飼い方まとめ!性格は?子犬の迎え入れにかかる費用は?

独特の弛んだ皮膚が特徴のシャーペイ。

名前は知っていても、どんな特徴や性格の犬なのかはご存じない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、大昔より愛されてきたシャーペイの性格や特徴、迎え入れる時の注意点などについてまとめました。

初心者には不向き?シャーペイの基本情報

シャーペイの画像

性格

シャーペイの性格は、頑固、独立心が強い、警戒心が強いなど、狩猟犬や警備犬、そして闘犬として活躍していた時代の名残がある性格をしています。

そんな性格を持つシャーペイは、わんちゃんと暮らすのが初めての方には向かない犬種です。また、しつけや社会化に対して自信がない方には向かないと言えます。

シャーペイの性格を考慮してしつけを行わいと失敗する可能性があり、噛み癖や無駄吠えなど問題行動を起こすようになってしまいます。

大きさや体重

シャーペイは、体高46~51cm・体重18~23kgで中型犬に分類されます。

外見の特徴

「がっしりとした胴体」「大きめの頭」「前に折れた小さな三角耳」「小さな目」「先細りで背中まで巻き上がった尻尾」「青紫の舌」が特徴的な姿をしていますよ。

派生犬種

ミニチュアシャーペイ

アメリカの繁殖家たちによって誕生した、より小型のシャーペイです。

体高は38~40cmほどで、性格もシャーペイと比べるとおとなし目の子が多いです。

オリエンタルシャーペイ

ミニチュアシャーペイにパグを掛け合わせることで誕生した、ミニチュアシャーペイそっくりの外見をもつ犬種です。

体高31~38cmほどで、ミニチュアシャーペイよりも小型です。

珍しい犬種のシャーペイ迎え入れはどうする?

シャーペイの画像

迎え入れにかかる費用

シャーペイの迎え入れにかかる費用は、およそ30~40万円です。

日本では登録犬数が少なく、ブリーダーの数も多くないことが影響していると考えられます。

迎え入れ先

本気で迎え入れようと考えているのであれば、専門のブリーダーを探すことをおおすすめします。

上記でも説明したように犬種に関する情報がまだ少なく、何かあったときに対応できないことが考えられるからです。

選ぶポイント

立ち姿や性格はもちろんですが、皮膚の状態のチェックは必ず行ってください。

全身の皮膚が弛んでいる犬種なので、皮膚病にかかっている可能性があるからです。

必要な運動量は多め?シャーペイの生活環境について

シャーペイの画像

シャーペイとの生活をより快適なものにするために、「ケージ」「トイレ用品」「食器類」「首輪やリード」「ケア用品」をまず揃えるようにします。

必要な運動量は多め?

狩猟犬や警備犬、闘犬として活躍していたこともあってスタミナは十分。そのため、満足してくれるほどの運動をさせるのは難しいかもしれません。

1日2回、1時間ずつの散歩。そして室内や庭でも本能を刺激するような、引っ張り遊びやボール遊びなどを取り入れるのが理想的です。

シャーペイは体中にあるシワが特徴的ですが、このシワが体型を隠してしまい肥満になっていても気付かない可能性があります。肥満にならないためにも、毎日運動する時間を十分に作ってください。

皮膚の間、シワに汚れを溜めない対策を

シワのせいで皮膚の間が蒸れると、皮膚炎を起こすきっかけとなる菌が増えてしまうことがあります。定期的にブラッシングをし、皺の間はタオルで拭くなどして、常に清潔に保つよう心がけましょう。

シャーペイのごはんは動物性タンパク質源メインが理想的!

シャーペイの画像

大豆の消化が苦手

シャーペイは大豆を分解する酵素の働きが弱く、大豆の消化を苦手としています。ドッグフードの原材料に含まれているかも必ずチェックするようにしてください。

食事量

ドッグフードの裏面に記載されている量をあげるようにします。

ただ、体重との換算表は、愛犬が「理想体型」であることを前提としているので、太っている子や痩せている子は量の調整が必要となります。

おすすめドッグフード

モグワンドッグフード

シャーペイにおすすめのドッグフードは「モグワン」です。スタミナがあり体の大きいシャーペイの体型を維持するため、動物性タンパク質源メインのフードが理想的です。

主原料として配合されているのはチキンとサーモンで、動物性タンパク質は全体の50%以上も含まれています。

しっかりとした骨格や筋肉作りに理想的な栄養バランスといえますよ。

キャンペーン実施中!

定期コースで最大20%オフ!

\愛犬の健康と食いつきを最大限考えた/

モグワンの詳細は下記記事をチェック
モグワンは安全?原材料を徹底評価!口コミや評判もチェック

シャーペイの寿命・病気について

シャーペイの画像
シャーペイの寿命は、およそ8~10年です。

他の犬種と比べるとやや短めですが、これは世界で最も珍しい犬種に選ばれたこともあるほど飼育している人や情報が少ないことが影響していると考えられています。

かかりやすい病気

短頭種気道症候群

短頭種気道症候群は、短頭種(鼻ぺちゃの犬種)によく発症する病気です。

加齢や肥満による気道の狭まりが原因で発症し、「いびき」「開口呼吸」「吸気時の呼吸困難」「意識消失」「運動後のチアノーゼ」などの症状がみられます。

アトピー性皮膚炎

犬のアトピー性皮膚炎は、人間と同じようにアレルギーの原因である「アレルゲン」が体内に入り炎症を起こす病気です。

アトピー体質・ホコリ・ハウスダスト・カビ・ダニ・フケ・花粉などによって発症し、「皮膚の乾燥や荒れ」「発疹」「ただれ」「激しいかゆみ」などの症状がみられます。

合併症の膿皮症や結膜炎、外耳炎を併発することも。

そのほか、シャーペイがかかりやすい病気は下記の記事をチェック
シャーペイが気をつけたい病気まとめ!症状や治療法は?

シャーペイのミックス犬について

犬 シャーペイ

シャーペイを基にして他の犬種と掛け合わせたミックス犬には、様々な種類がいます。

「アメリカンコッカー・スパニエル」と掛け合わせることで生まれた「cocker-pei」、「バセット・ハウンド」と掛け合わせて誕生した「Sharp Asset」、「ジャーマン・シェパード」との交配で生まれた「German Sherpei」などが有名ですよ。

どの交配でも、シャーペイの独特な顔の面影が残っているのが面白いですよね。

この記事では、シャーペイの飼い方について紹介しました。すでに飼育している、これから飼育を考えている皆様のお役に立てる情報があれば幸いです。