ミニチュアシュナウザーの飼い方まとめ!性格や飼育環境、食事、しつけ、寿命・病気は?

  • 愛玩動物看護師
  • 監修者:渡邉鈴子
栃木県生まれ。帝京科学大学にて4年間、動物看護学をはじめとした動物関連の科目を学び、2023年5月には愛玩動物看護師免許を取得。これまでにうさぎや猫の飼育経験あり。現在では、ペット栄養管理士の資格取得に向けて勉強中。

ミニチュアシュナウザーは、ドラマ「マルモのおきて」にも登場した犬種です。

賢くてかわいい犬「ムック」を見て興味を持たれた方も多いのではないでしょうか。小柄ながらも賢く鋭敏な顔が特徴ですよ。

この記事では、この記事では、ミニチュアシュナウザーの性格、大きさ・体重など体の特徴、しつけのポイントをまとめました。

ミニチュアシュナウザーの基本情報

ミニチュアシュナウザー1

大きさや特徴

体型は頑丈で筋肉が発達しており四角く、骨太で体高と体長の比率がほぼ等しいスクエアタイプです。

体高30~35cm、体重5~7kgほどで「長い眉毛」「長い口ひげ」が特徴的ですよ。

被毛はダブルコートで、被毛カラーは「ソルト&ペッパー」「ブラック」「ブラック&シルバー」「ホワイト」の4種類です。

仲間犬種

ジャイアントシュナウザー

ジャイアントシュナウザーは、中世のドイツで番犬や害獣駆除に従事していたスタンダードシュナウザーを牧羊犬サイズに大型化した犬種です。

体の大きさは体高57~60cmほどで、警戒心が強く知的で活発な性格をしていますよ。

スタンダードシュナウザー

スタンダードシュナウザーは、ミニチュアシュナウザー・ジャイアントシュナウザーの基になったオリジナルです。

ミニチュアシュナウザーと比べると体高が15cmほど高く、中型犬に分類されます。

番犬気質が残ってはいるものの、訓練能力や忠誠心に優れていますよ。

 

ミニチュアシュナウザーの性格について

ミニチュアシュナウザー2

性格

ミニチュアシュナウザーの性格

  • 活発
  • 忠誠心が強い
  • 友好的
  • 聡明
  • 頑固

ミニチュアシュナウザーの性格は、「活発」「忠誠心が強い」「友好的」「聡明」「頑固」などです。

活発で元気

ミニチュアシュナウザーは活発でエネルギッシュな性格をしています。遊びや散歩などの活動が大好きなので、毎日の散歩は必須になります。他のシュナウザー種と比べると支配欲も強くないので他の犬とも仲良くできる犬種です。また、聡明でしっかりしつけを行えば、小さい子供とも友好的に接することができますので、家庭犬にぴったりですよ。

頑固な一面もある

ミニチュアシュナウザーは、個体によってではありますが頑固な一面を持つ子もいます。自分で考えて行動する賢さがあるため、しつけが中途半端であったり飼い主さんが頼りないと、自己主張が強くなる傾向にあります。飼い始めて後悔しないためにも、子犬の頃から一貫したしつけを徹底しましょう。犬の飼育初心者にはやや難しい犬種と言えます。

 

ミニチュアシュナウザーにおすすめのドッグフード

総合栄養食と一般食

ドッグフードをメインで与えたい場合は、「総合栄養食」と表示されているドッグフードを選びましょう。これは水と一緒に与えるだけで、健康が維持できるドッグフードのことです。選ぶ際は原材料を必ず確認しましょう。主原料が「肉類」であることが望ましいですよ。

手作り食をメインで与えたい場合は、「一般食」と表示されているドッグフードがおすすめです。いわば「おかず」のようなものであり、トッピングとして利用することで手軽に栄養を追加することができます。

食事量

ドッグフードの裏面に記載されている量をあげるようにします。ただ、体重との換算表は、愛犬が「理想体型」であることを前提としているので、太っている子や痩せている子は量の調整が必要となります。

便の状態も目安に

便が摘めないくらいに緩い場合は、フードを与えすぎの可能性があるので量を少しずつ減らします。逆にウサギの糞のようにコロコロとした硬い便の場合は、フードの量が少ない可能性があるので量を少しずつ増やします。

愛玩動物看護師 渡邉鈴子さん
便の形状の指標である、ブリストルスケールというものがあります。正常か、異常かを簡単に判断できるので利用してみましょう。

ごはんを食べない・・・どうすればいい?

ご飯を食べない場合はいくつかの理由があり、主に「好みの味ではない・食べにくい」「体調不良や季節による食欲の低下」「食器や環境が気に入らない」「ストレスが溜まっている」「病気」などが挙げられます。

この場合は、以下の方法を取り入れてみてくださいね。

トッピングをしてみる

まずはドッグフードにササミなどをトッピングして与えてみて、食欲が改善されるかを確認してみてください。新鮮な生肉を原材料に利用しているドッグフードに切り替えるのも手ですよ。

フードを食べやすくする

食べづらさが原因の場合は、飼い主さんがひと手間加えてあげましょう。ドライフードであれば、ぬるま湯でふやかして香りを立たせるのも手です。ニオイで食欲を刺激することができます。
また、粒が大きいようであれば砕いてあげるのもいいでしょう。ウェットタイプとドライタイプを組み合わせれば嗜好性が高まり、また水分も一緒に摂取することができます。

食器や環境を変える

食べやすい食器に変更したり、食事する場所を変えてみるといいかもしれません。ストレスを抱えている場合もあるので、遊びや散歩の時間を増やして発散させるのもいいですね。

動物病院で診てもらう

食べない原因が病気の可能性もあります。口内炎などの痛みを伴う場合、食べたくても、食べられない可能性もあります。「好きなおやつも食べない」「ぐったりしている」「元気がない」といった様子が見られるようであれば、かかりつけの動物病院で診てもらいましょう。

 

ミニチュアシュナウザーの快適な飼育環境について

ミニチュアシュナウザー3

準備するもの

  • 飼育スペース・ケージ
  • 食器類・床材
  • 首輪やリード・おもちゃ
  • ドッグフードとおやつ
  • トイレ用品
  • ケア用品
  • 動物病院

ミニチュアシュナウザーとの生活をより快適なものにするために、「飼育スペース・ケージ」「食器類・床材」「首輪やリード・おもちゃ」「ドッグフードとおやつ」「トイレ用品」「ケア用品」「動物病院」などの生活用品や準備を揃えておきましょう。

飼育スペース・ケージ

快適に過ごせるスペースを確保します。サークルは十分な広さを確保できるもので、犬用のベッドやケージ・クレートを用意しましょう。クレートとは箱状の家のようなものであり、犬にとって寝床となったり安心できるものになります。移動するときにも使え、病院へ連れて行くときや災害による避難の際にも活躍します。

愛玩動物看護師 渡邉鈴子さん
クレートは普段から慣れさせておくことで、スムーズに動物病院へ連れていくことが可能です。クレートを動物病院へ行くときにしか使用していないと、クレート=動物病院という認識になってしまいます。普段から使用することで防ぐことが可能です。

食器類・床材

ご飯を食べる時に必要な食器を用意しましょう。水のみ用のボウルとフードのためのボウルを別々に準備してあげてください。食器類を選ぶ際は「耐久性はあるか」「滑りにくくないか」「大きさは適切か」といったことを目安に探してみてください。床材についてはすべりにくい材質のものを選び、思わぬ転倒を防ぐために用意しておくと良いでしょう。フローリングの床で滑って関節を痛めないよう、すべりづらいカーペットを敷くなどの対策をしてあげてくださいね。

首輪やリード・おもちゃ

散歩や運動をするときのために、首輪やリード・ハーネスを準備しましょう。遊ぶためのおもちゃや知育玩具なども用意しておくと、遊びを通して良好な関係性を築くことができますよ。

ドッグフードとおやつ

健康管理のため、年齢に適した高品質の犬用のドッグフードを用意しましょう。初めて犬を飼育する方は、水と餌だけで栄養が賄える「総合栄養食」と書かれたドッグフードを用意するといいですね。飼育に応じて適切な量を与えるようにしてください。絶対に必要というわけではないですが、おやつも同時に用意しておくといいですね。しつけトレーニングの際に「ご褒美」として利用できますよ。

トイレ用品

屋内で飼育する際は、排泄物を処理するための犬用のトイレトレーを用意します。また、トイレトレーニングのために新聞紙やトレーニングパッドも役立ちますので、一緒に揃えておくといいですね。

ケア用品

健康と衛生を保つために、犬用のシャンプーやブラシ、爪切り、歯磨きセットなどのケア用品を用意します。

動物病院

何かあった際や健康管理のために、かかりつけの動物病院も見つけておくと安心です。獣医師の診察や予防接種、必要な薬やサプリメントなどを考慮し予算を立てておくのもいいですね。

 

ミニチュアシュナウザーのお手入れについて

ミニチュアシュナウザー4

お手入れ項目

  • 被毛ケア
  • シャンプー
  • 歯磨き
  • 爪切り
  • 耳掃除

ミニチュアシュナウザーとの生活をより良くするためには、日々のこまめなケアが欠かせません。「被毛ケア」「シャンプー」「歯磨き」「爪切り」「耳掃除」などを取り入れて清潔を保つようにしましょう。

被毛ケア

被毛がすぐ伸びてきて絡みやすいので、週1~2回を目安にブラッシングします。スリッカーブラシで被毛のもつれを解いてから、優しくコームを使って全身の毛を整えてあげるといいですよ。

シャンプー

1~2ヶ月に1回を目安に行います。シャンプー前にブラッシングで余計な抜け毛を取り除いておくと、毛が絡みにくくなってシャンプーしやすくなりますよ。シャンプーが終わった後は流し残しのないように、丁寧にすすぐことも忘れないでくださいね。

歯磨き

定期的な歯磨きは口腔疾患のケアに繋がります。指に巻いたガーゼで歯の表面に付着した汚れをふき取ったり、犬用の歯ブラシで歯垢・歯石を取り除いてあげてください。歯ブラシが苦手な方は、歯磨き用のおもちゃやパウダー状の食事に混ぜるケア用品も販売されていますので、取り入れてみてください。

爪切り

血管を傷つけないように、爪の先端から少しずつ切るようにします。万が一の時のために止血剤も用意しておくといいですよ。

耳掃除

耳掃除は、耳が汚れているタイミングで行います。ミニチュアシュナウザーは垂れ耳をしており通気性が悪いので、炎症が起きている場合は悪化しやすくなります。見える範囲でいいので耳専用のクリーナーを使用して掃除をしてあげてください。「耳垢が増えた」「悪臭がする」といった普段と違う様子の場合は病院で見てもらいましょう。

愛玩動物看護師 渡邉鈴子さん
日々のお手入れが自宅で行うのが難しい場合は動物病院やトリミングサロンなどにお任せすることも視野にいれるといいでしょう。

 

ミニチュアシュナウザーの散歩や運動について

ミニチュアシュナウザー5

ミニチュアシュナウザーは活発でエネルギッシュな犬種であり、適度な運動と散歩が必要です。

激しい運動は不要ですが、活発で遊び好きな子が多いので1日2回それぞれ30分程度の散歩や運動を心がけてください。

週末などはドッグランへ連れていき、思いっきり走り回らせてあげるのもおすすめですよ。ミニチュアシュナウザーは頭の良い犬種でもあるため、知的な遊びも喜びます。ボール遊びやおもちゃなどを使って遊びながら刺激を与えるのもオススメです。

 

ミニチュアシュナウザーのしつけについて

ミニチュアシュナウザー6

ミニチュアシュナウザーのしつけは、子犬の頃から始めましょう。

しつけをするうえで重要な事は、リーダーは飼い主であることを理解させることです。可愛いからと甘やかすことはせず、時には毅然とした態度で接することも大切ですので、メリハリをつけて取り組みましょう。

自己主張が強い一面もあるので、一度甘やかすとどんなに指示してもいうことを聞かない、わがままな犬になってしまう恐れがありますよ。

ご褒美を与えてみて

しつけの際は、たくさん褒めることと同時にご褒美を与えてみてもいいですね。好きなおやつやご飯の他、たくさん遊んであげることもご褒美になりますよ。

 

ミニチュアシュナウザーの寿命・病気について

ミニチュアシュナウザー7

寿命

平均寿命

  • 12~15年

ミニチュアシュナウザーの寿命は12~15年で、小型犬としては平均的です。

病気

気を付けたい病気

  • 結膜炎
  • 尿路結石
  • 外耳炎

ミニチュアシュナウザーが気をつけたい病気としては、「結膜炎」「尿路結石」「外耳炎」などが挙げられます。

結膜炎

目の周りに毛が多いため、「結膜炎」に注意しましょう。「結膜炎」になると、目が充血していたり、常に涙目である状態が続きます。足で目をこするような仕草が増えている場合は、目元を気にしてあげて下さいね。

尿路結石

ミニチュアシュナウザーは尿石ができやすい犬種です。食事や運動管理を徹底していても尿石ができてしまうことはあります。早期発見をすることが大切なので、定期的に尿の回数やにおい、色などを確認してくださいね。

外耳炎

垂れ耳をしているミニチュアシュナウザーは「外耳炎」に気を付けたい犬種です。通気性が悪く汚れが溜まりやすい構造なので、定期的に掃除してあげて下さい。首を掻く仕草が多い場合や、耳から悪臭がする場合は炎症を起こしている可能性がありますので、すぐに病院で診察をしてもらいましょう。

 

ミニチュアシュナウザーの迎え入れについて

ミニチュアシュナウザー8

迎え入れにかかる費用

子犬価格

  • およそ20~40万円

ミニチュアシュナウザーの迎え入れにかかる費用は、およそ20~40万円です。

両親のドッグショーでの成績や、「毛色」によっては30万円を超えることもありますよ。

迎え入れ先

人気犬種なので、「ペットショップ」「ブリーダー」「里親制度」など様々な方法で迎え入れることができます。

それぞれにメリット・注意点があるので、家庭にあった方法で迎え入れるようにしてくださいね。

 

まとめ

ミニチュアシュナウザー9
いかがでしたでしょうか?

この記事では、ミニチュアシュナウザーの飼い方について紹介しました。

飼い主さんへの忠誠心が強いのでしつけはそこまで大変ではありませんが、信頼関係をしっかり築くことが大切になりますので、スキンシップやコミュニケーションが大切になります。

また、飼い主さん以外の人間や動物と触れ合う機会を多くすることで、無駄吠えや攻撃性が抑えられます。穏やかに過ごすためにも、子犬の頃からしっかり社会性を身に着けさせるようにしてくださいね。

すでに飼育している、これから飼育を考えている皆様のお役に立てる情報があれば幸いです。

 

↓犬種210種類まとめ記事を読む↓