グレートデンの飼い方まとめ!性格や飼育環境、食事、しつけ、寿命・病気は?

グレートデンは、全犬種中でもっとも体高が高い大型犬です。

力強さと美しさを兼ね備えた堂々とした姿が魅力的であり、上流階級の人々に愛されてきました。犬名からデンマーク産と勘違いしやすいですが、ドイツ原産でドイツを代表する犬種ですよ。

この記事では、グレートデンの性格や特徴、子犬の迎え入れ費用や迎え入れ方、しつけや寿命についてまとめました。

 

グレートデンの基本情報

グレートデン

歴史

グレート・デーンの祖先犬は、イングリッシュマスティフとすでに絶滅してしまったブルドッグの一種である「ブレンバイサー」の血を引いていると考えられています。

1878年にベルリンで開催された委員会(Dr.Bodinusを長とするブリーダーや審査員によって結成)で、異なるタイプの犬が「ドイチェン・ドッゲ」に分類されたことで、グレート・デーンの礎が独立した1つの犬種として築かれました。

大きさや特徴

グレートデンは、体高70~80cm、体重45~55kgで、正方形に近くバランスのよい体つきの大型犬です。

引き締まった力強い筋肉と優雅な風貌を併せ持ち、大きな歩幅でゆっくりと歩く姿が壮観ですよ。

毛色は、ブラックとブルーの単色、フォーン、ブリンドル、ハールクインの5種類が公認されています。

 

グレートデンの性格について

グレートデン

グレートデンの性格

  • 温和
  • 穏やか
  • 忍耐強い

グレートデンの性格は、「温和」「穏やか」「忍耐強い」などです。

「優しい巨人」と呼ばれるように、他の犬や小動物、見知らぬ人や子どもに対しても優しくできる犬種です。

幼児相手にも辛抱強く接することができるので、小さい子供がいる家庭でも飼育しやすいでしょう。

子犬の頃はやんちゃな一面も見られますが、この頃にしっかりしつけを行うことで室内でも穏やかに過ごせるようになりますよ。

 

グレートデンの食事について

グレートデン

ドッグフードをメインで与えたい場合は、「総合栄養食」と表示されているドッグフードを選びましょう。これは水と一緒に与えるだけで、健康が維持できるドッグフードのことです。
選ぶ際は原材料を必ず確認しましょう。主原料が「肉類」であることが望ましいですよ。

手作り食をメインで与えたい場合は、「一般食」と表示されているドッグフードがおすすめです。いわば「おかず」のようなものであり、トッピングとして利用することで手軽に栄養を追加することができます。

食事量

普段与えているドッグフードの裏面に記載されている量をあげるようにします。

ただ、体重との換算表は、愛犬が「理想体型」であることを前提としているので、太っている子や痩せている子は量の調整が必要となります。

おすすめドッグフード

モグワンドッグフード

グレートデンには「モグワン」がおすすめです。

犬にとって最も欠かせない「動物性タンパク質」が全体の50%以上を占めているので、良質な動物性タンパク質を効率よく摂取することができますよ。

香料や着色料が不使用なのも嬉しいですね。

キャンペーン実施中!

最大20%OFF!

\詳しくは公式サイトを確認/

 

グレートデンの快適な飼育環境について

グレートデン

揃えておくもの

揃える項目

  • サークル
  • 床剤
  • トイレ用品
  • 食器類
  • 首輪やリード
  • ケア用品

グレートデンとの生活をより快適なものにするために、「サークル」「床剤」「トイレ用品」「食器類」「首輪やリード」「ケア用品」をまず揃えるようにします。

飼育スペース

グレートデンは超大型犬なので、十分な飼育スペースが必要です。

大きな体でもゆとりある広さを持った場所でなければ、辛抱強いとはいえストレスになることも。

飼育を検討する際は、スペースの問題がクリアできるか考えましょう。

 

グレートデンのお手入れについて

グレートデン

お手入れについて

お手入れ項目

  • 被毛ケア
  • シャンプー
  • 歯磨き
  • 爪切り
  • 耳掃除

グレートデンとの生活をより良くするためには、日々のこまめなケアが欠かせません。

被毛ケア

ブラッシングは、毎日、換毛期であれば1日2回を目安に行います。

また、絞ったタオルで全身を拭くお手入れもしましょう。これはできれば毎日行うといいですよ。

シャンプー

1~2ヶ月に1回を目安に行います。

シャンプー前にブラッシングで余計な抜け毛を取り除いておくと、毛が絡みにくくなってシャンプーしやすくなりますよ。

シャンプーが終わった後は流し残しのないように、丁寧にすすぐことも忘れないでくださいね。

歯磨き

定期的な歯磨きは口腔疾患のケアに繋がります。

指に巻いたガーゼで歯の表面に付着した汚れをふき取るようにします。

爪切り

血管を傷つけないように、爪の先端から少しずつ切るようにします。万が一の時のために止血剤も用意しておくといいですよ。

耳掃除

耳掃除は、耳が汚れているタイミングで行います。

「耳垢が増えた」「耳から悪臭がする」などいつもと違う様子であれば、病院で診察を受けるようにしてくださいね。

 

グレートデンの運動としつけについて

グレートデン

運動について

グレートデンは超大型犬で豊富な運動量を必要とする犬種なので、1日2回それぞれ60分程度の散歩をしてあげてください。

運動不足は肥満の原因になるだけでなく、ストレスから問題行動を起こす原因にもなります。

ドッグランなどを利用して遊びや運動を取り入れてもいいでしょう。運動時間は十分に確保してあげて下さいね。

しつけについて

グレートデンを迎え入れた時から、しつけのトレーニングは始まります。

グレートデンは賢く温厚な性格なのでしつけがしやすいと言われる犬種です。自分よりも小さい子供や小動物にも優しく接しますが、体格が大きく力も強いので、激しい行動や興奮した場合にはトラブルに発展する可能性があります。

良いことと悪いことをはっきり理解させる必要がありますので、メリハリのあるしつけをするようにしてください。

 

グレートデンの寿命と病気について

グレートデン

寿命

平均寿命

  • 7年~10年

グレートデンの寿命は、およそ7年~10年であり、大型犬の中でも特に短命といわれています。

大型犬の一般的な寿命は9~10年ですが、グレートデンは胃捻転により命を落とす場合が多くため短くなっています。

病気

気を付けたい病気

  • 胃捻転
  • 肥大整骨形成異常
  • 拡張型心筋症

グレートデンと生活する上で特に気をつけたい病気は、「胃捻転」「肥大整骨形成異常」「拡張型心筋症」などです。

胃捻転

何かしらの原因で胃がねじれてしまう病気です。ねじれたことで体液やガスが溜まり、他の臓器が圧迫され血液循環がうまくいかず結果命を落とす場合も。原因は遺伝的な要因と、食後の急な運動や大量の水のみ、早食いなどが関係しています。普段の生活から発症することがありますので、飼い主さんがしっかりコントロールするようにしましょう。

肥大整骨形成異常

肥大性骨形成異常は、生後4~8ヶ月の成長期の男の子に発症することが多い病気です。急に発症することが多く、原因もわからないので各症状を抑えることしかできず治療の確立もされていません。

拡張型心筋症

拡張型心筋症とは、大型犬に多く発症する心臓病の1つです。心臓の筋肉が弱まり、全身に血液を送り出すことができなくなります。原因ははっきりわかっていませんが、遺伝性が高いと言われています。予防も難しいため、早期発見が重要になりますよ。

 

グレートデンの迎え入れについて

迎え入れの方法

グレートデンの子犬を迎え入れる方法は、「ブリーダー」「里親制度」の2つです。

超大型犬ということもあり、ペットショップで扱っていることはほぼありません。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、自分にあった方法で迎え入れるようにしてくださいね。

迎え入れにかかる費用

価格

  • およそ20万円

グレートデンの子犬の迎え入れにかかる費用はおよそ20万円ですが、カラーや性別、断耳処置の有無でも変わります。

親がチャンピオンタイトルを持っていると30万円を超えることも珍しくありませんよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事では、グレートデンの飼い方について紹介しました。

グレートデンは穏やかでしつけがしやすい犬種です。大型で迫力のある風貌ですが、自分より小さい動物にも優しく接します。小さいお子さんがいる家庭でも安心して飼育できますよ。

ただ、広い飼育スペースが必要です。狭い環境だとストレスを溜めてしまうかもしれませんので、十分なスペースが確保できるか確認してくださいね。

すでに飼育している、これから飼育を考えている皆様のお役に立てる情報があれば幸いです。

 

↓犬種210種類まとめ記事を読む↓