華は安全?原材料を徹底評価!口コミや評判もチェック


華はビッグウッドが製造、販売する無添加のドッグフードです。安全にこだわった原料とハーブで愛犬の健康をサポートしてくれます。

この記事では「」を、含まれる原材料や成分から徹底評価しています。評価は「子犬(離乳~1歳)」と「成犬(1歳以上)」に分けて、それぞれ行っています。

 

ドッグフード「華」とは?

ビッグウッドで作られるドッグフードの特徴は「ハーブ」にあります。
本フードは、ハーブの持つ効能や自然植物の持つ力に着目し、犬の自然治癒力を高ようという考えのもと作られました。

ここからはその特徴をまとめてみました。

ハーブは使用する分だけを空輸している

サンフランシスコにある、アメリカで最も信頼のあるハーブ会社のものを使用しています。

使う分だけ空輸されているため、鮮度が高いものを使っている印象があります。

食材のこだわりが強い

  • 肉や魚は厳選し、人間が口にできる品質のものを使用
  • 穀物や野菜についても、無農薬または有機野菜のものを使用
  • 水は水道水を使わず、九州・宮崎の弱アルカリ天然温泉水を使用

合成添加物、化学薬品も一切使用しておらず、安全性にこだわっているドッグフードという印象です。

仕入れ先や工場の情報も公開されているので、そういった点では信頼ができます。

 

ドッグフード「華」の評価の内訳は?

犬

主原料評価

動物性タンパク質を使用しているかどうかを評価しています。

本フードの場合、主原料に動物性タンパク源ではない「南九州産米(無農薬玄米・白米・発酵米ぬか)」を使用しています。

 

その他原料の評価

粗悪な原材料を使用していないかどうかと評価しています。

本フードの場合、粗悪原料である「南九州産白たかきび」を使用しています。

本フードに使用されているすべての原材料と成分表は「華の詳しい原材料と成分一覧は?」にてまとめています。

 

合成酸化防止剤

合成酸化防止剤とは人工的に合成された化学物質のことで、愛犬の体に悪影響を及ぼしかねない危険なものです。そんな合成酸化防止剤が使用されていないかを評価しています。

本フードの場合、合成酸化防止剤が使用されていない(原材料表に合成酸化防止剤の名称がない)ことが確認できました。

 

人工添加物(着色料、着香料、発色剤など)

犬はにおいで食べ物を判断するため、着色料や発色剤はほとんど意味を成しません。着香料が使われているのも、粗悪な食材をごまかそうとしているためかもしれません。

ほとんどが石油や化学物質でできているので、与え続けると犬の体に悪影響を及ぼす可能性があります。

そんな人工添加物が不使用であるかどうかを評価しています。

本フードの場合、これらの人工添加物が使用されていませんでした。

 

タンパク質

AAFCO最低基準

  • 子犬:22.5%以上
  • 成犬:18.0%以上

AAFCOが定めるタンパク質(乾燥重量比)の最低基準を満たしているかどうか評価しています。

本フードの場合「18.5%以上」と、成犬の基準は満たしていますが子犬の基準に達していません。

 

粗脂肪

AAFCO最低基準

  • 子犬:8.5%以上
  • 成犬:5.5%以上

AAFCOが定める粗脂肪(乾燥重量比)の最低基準を満たしているかどうかを評価しています。

本フードの場合「10.3%以上」と、子犬・成犬の各基準を満たしています。

 

ドッグフード「華」の口コミは?

良い口コミ

愛犬家に是非
以前はおさかな華でしたが、トッピングに魚を与えるようになったのでこちらに切り替えました。相変わらず涙やけもなく、体調も良好です。元々虚弱でお腹を下しやすい子ですが、病院へ行く回数がグンと減りました。それと、ビッグウッドのフードにしてから毛が柔らかくなりました。
最後まで元気でいられるよう、ずっとこちらのフードを食べてもらおうと思っています。
購入者さん
出典:楽天市場「【ビッグウッド】華500g【国産・無添加】【ドッグフード】幼犬・成犬・高齢犬対応」
ご近所さんから
少し分けていただいたらとてもよかったので、たのみました。
購入者さん
出典:楽天市場「【ビッグウッド】華500g【国産・無添加】【ドッグフード】幼犬・成犬・高齢犬対応」

悪い口コミ

ダメでした
1歳のトイプードルですが、国産無添加自然食品とのことで、購入しましたが、臭い嗅いで全く食べなくて残念ながら処分です。試供品などがあれば良いと思います。
トイプ2017
出典:楽天市場「【ビッグウッド】華500g【国産・無添加】【ドッグフード】幼犬・成犬・高齢犬対応」

口コミのまとめ

総合的に良い評価が多いことがわかりました。

良い口コミからは「毛が柔らかくなった」「病院へ行く回数が減った」などの声がありました。

一方で「全く食べない」といった声もあり、犬によっては相性がよくない場合もあるようです。

 

ドッグフード「華」のおすすめな犬と飼い主は?

おすすめな犬

  • ハーブを摂取しても大丈夫な犬
  • 毛艶をよくしたい犬
  • 穀物アレルギーのない犬

おすすめな飼い主

  • 国産のものや品質にこだわりたい人
  • ハーブが含まれたものを与えてみたい人
  • 信頼のあるフードを使いたい人

 

ドッグフード「華」の基本情報は?

ドッグフード
赤字で示した部分がペットにとって「好ましくない」といえる原料です。

商品名
分類 総合栄養食
定価 2,823円(税込)
内容量 1kg
カロリー 411kcal/100g
賞味期限 開封前:製造から180日
開封後:30日
生産国 日本
販売元 ビッグウッド
対応年齢 全年齢
メイン食材 南九州産米無農薬玄米白米発酵米ぬか
穀物 無農薬玄米白米発酵米ぬか南九州産白たかきび
酸化防止剤 不使用
人工添加物 不使用
粒の大きさ 10mm
問合せ先 03-3723-3451
配達までの期間 1週間程度(Amazon)

 

ドッグフード「華」の詳しい原材料と成分一覧は?

ペット 素材

華の原材料

赤色で掲載されている原材料は、「犬にとって好ましくないもの」です。

主原料 南九州産米(無農薬玄米・白米・発酵米ぬか)
その他原材料 南九州産豚(豚レバー・豚骨スープ・豚肉)、鹿児島県産鶏ササミ肉、南九州産白たかきび、宮崎県天然温泉 水、北大西洋沿岸産天然ケルプ、宮崎県産常緑広葉樹皮炭素抹、宮崎県産低温抽出常緑広葉樹皮木酢液、コロラド産タウリン、サンフランシスコ産アルファルファー、サンフランシスコ産キャラウェイ、サンフランシスコ産ホーステイル、サンフランシスコ産パースレー、サンフランシスコ産ウオータークレス、サンフランシスコ産ジェニパーベリーイースト(国内産ビール酵母・南九州産ガーリック)、南九州産有機ウコン、オーストラリア産ラム肉、南九州産モロヘイヤ、 サンフランシスコ産フェンネル、南九州産有機あしたば、サケ白子抽出物(DNA含有)、サンフランシスコ産ガジュツ、サンフランシスコ産バジル、サンフランシスコ産スターアニス、サンフランシスコ産ヒソップ、酵母リボ核酸

 

華の成分分析値

成分名 成分含有率 乾燥重量比
粗タンパク質 18.5% 19.4%
粗脂肪分 10.3% 10.8%
粗繊維 6.3% 6.6%
粗灰分 2.4% 2.5%
水分 4.6%

粗脂肪量が10.8%と控えめなドッグフードです。

おすすめの低脂肪ドッグフードはこちらの記事、ダイエット用ドッグフードはこちらの記事にまとめています。

乾燥重量比…フード中に含まれる水分量を除外した、残りの部分に対する成分値の割合のこと。AAFCO栄養基準は乾燥重量比に基づいている。

 

 

ドッグフード「華」の賞味期限は?

犬 素材

賞味期限

  • 開封前:製造から180日
  • 開封後:30日

ドッグフードの賞味期限は、あくまでも目安です。

保管方法によっては記載の賞味期限よりも早く品質の低下が進んでしまうことがあるので、購入後は早めに使い切るようにしてくださいね。

 

ドッグフード「華」の保管方法は?

パグ

ドッグフードは、封を切った瞬間から湿気を吸収し酸化が始まります。開封後はしっかりと密閉し、空気に触れる時間をできるだけ短くすることがポイントです。

また、温度や湿度の変化も品質低下の原因になります。「直射日光が当たらない」「涼しくて風通しが良い」場所で保管するようにしてくださいね。

詳しい保管方法やおすすめの保存用グッズは、こちらの記事を参考にしてくださいね。

 

ドッグフード「華」の体重ごとの目安給餌量、1日あたりの価格は?

犬 素材
体重 目安給餌量 1日あたりの価格
1kg 27g 76円
2kg 46g 129円
3kg 62g 175円
4kg 77g 217円
5kg 91g 256円
6kg 104g 293円
7kg 117g 330円
8kg 130g 366円
9kg 142g 400円
10kg 153g 431円
15kg 208g 587円
20kg 258g 728円
30kg 349g 985円
40kg 433g 1,222円
50kg 512g 1,445円

目安給餌量は「避妊・去勢済の成犬のカロリー必要量÷本フードのカロリー×100」で算出、1日あたりの価格は「目安給餌量×価格÷内容量」で算出しています。

ドッグフードの目安給餌量は、ライフステージや活動量などで計算方法が異なります。愛犬に合った目安給餌量の計算方法などはこちらで紹介しています。

 

編集部まとめ

素材 疑問

穀物が主原料であり、体質的に合わない場合もあるので気を付けたい点ではあります。

犬にとって穀物はうまく消化することができないため、与えすぎると下痢や嘔吐などのアレルギーを引き起こしてしまう可能性があるからです。

また、犬にとってハーブが良いとは断言できないため、ハーブについてもよく理解してから使用することをおすすめします。

グレインフリーのおすすめドッグフードはこちらの記事からご確認いただけます。

犬の健康を考えると、「動物性タンパク質」を豊富に含む肉類が主原料のドッグフードが望ましいですよ。こちらの記事では、中でもおすすめなドッグフードをまとめています。