市販の有名ドッグフード10種類を比較!おすすめは?値段と安全性の関係は?

  • 記事作成者:神波 将宏
pepy編集長。薬剤師国家資格、ペット救急救命士、ペット介護士、ペット食育士2級の資格を保有。 薬学とペットの専門知識を活かし「ペット専門マーケター」として活動中。

記事内の
アイテム5

おすすめドッグフード

モグワン

購入する

レガリエ

購入する

このこのごはん

購入する

ナチュロル

購入する

カナガン

購入する

現在日本では、市販・通販含めて100種類以上ものドッグフードが販売されています。

たくさん選択肢がある中で「できるだけ安いほうがいいけど、穀物不使用で品質の高いドッグフードを選んであげたい」というのが多くの飼い主さんの気持ちではないでしょうか。

この記事では、おすすめのドッグフード5つと市販されている10種類のドッグフードの「穀物の有無」や「値段」を比較してみました。

極端に安く高品質なドッグフードは存在しない

shutterstock_1240331935

基本的に品質と価格は比例します。

品質が高いほど価格も高く、逆に価格が安いほど品質がよくない傾向があります。これは全132種のドッグフードを調査してわかった紛れもない事実です。なので「安い=あまり良くない」という考え方はさほど間違っていません。

安いドッグフードには、安い理由がちゃんとあります。

ただし、「無料サンプル」「キャンペーン中」「100円モニター」など期間限定で安くなっている場合は例外です。

合成物質などに注意

ドッグフードには保存料や着色料など、好ましくないものが使われている商品があります。

BHAやBHTなどの合成物質は、ペットフード安全法で使用量が決められています。基本的に基準値を超えて使用することはできませんが、愛犬が毎日食べるものの中に「摂りすぎると危険なもの」が含まれているのは、気になるところです。使われているのであれば、やはりローズマリーなど自然由来のものが良いですね。

引用元:ペットフード安全法|基準規格等

主原料が明確になっているものを

そのほか、メインで使われている食材が明確になっていない場合も注意が必要です。チキンやビーフなどハッキリしておらず「肉類」と表現されているものは、何の肉が使われているか判断できません。

愛犬によって好みがあり、体質に合わない肉もあります。検討しているドッグフードがあればしっかり確認しましょう。

安全なおすすめドッグフードをご紹介!

1位:モグワン

モグワンドッグフード

モグワンの総合評価

割引制度 価格 1日あたりコスト
定期購入割引
まとめ買い割引
1.8kg
4,356円(税込)
207円

※1日あたりのコストは体重5kgを想定して記載しています。

モグワンは、全ての基準をクリアした「文句なし」のドッグフードです。

全員が愛犬家でもある開発チームのもとで作られ、チキンやサーモンといった愛犬にとって欠かせない動物性タンパク質を豊富に含んでいます。とにかく最高品質で、獣医学情報誌に掲載された実績もあります。

栄養のほか食いつきにもこだわって作られており、モグワン利用者の95%がほかのドッグフードよりも食いつきが良いと回答したそうです。厳選した原材料を使用しているからこそ、愛犬の食いつきの良さを実現しているのかもしれませんね。

pepy見た方限定!

今なら定期コース最大20%オフ!

\愛犬の健康と食いつきを最大限考えた/

2位:犬猫生活ドッグフード


犬猫生活ドッグフードの総合評価

割引制度 価格 1日あたりコスト
定期購入割引
まとめ買い割引
1.8kg
4,708円(税込)
293円

※1日あたりのコストは体重5kgを想定して記載しています。

犬猫生活は国産の完全無添加にこだわった、安心品質のドッグフードです。メインの動物性食材も1種類では偏ってしまうと考えられ、4種類の魚や肉を使用しています。

また、使用している原材料はすべて産地を公開しています。良質な食材を使用しているという自信があるからこそ、きちんと明記されているのです。

これらの高品質な食材は低温加熱製法という調理法で作っています。この製法のおかげで、おいしさだけでなく栄養素も保たれているのもポイント。毎日のおいしい食事で愛犬の健康を助けてくれる、特別なドッグフードと言えますね。

キャンペーン実施中

今なら初回限定お試し550円!

\獣医師共同開発&国産無添加/

3位:このこのごはん(小型犬向け)

このこのごはんの総合評価

割引制度 価格 1日あたりコスト
初回購入割引 1.0kg
3,850円(税込)
353円

※1日あたりのコストは体重5kgを想定して記載しています。

このこのごはんは、日本で製造されている国産の小型犬向けのドッグフードです。福岡にある企業が製造しており、完全無添加、ヒューマングレード、グレインフリーにこだわって製造されています。

飼い主さんたちの「愛犬に健康的なご飯を食べてほしい」という願いから3年の試行錯誤を経て生まれた商品です。

酸化防止剤などの添加物を使いたくないという考えから、オイルコーティングをしていません。かつお節の自然な風味が食欲をそそるつくりになっています。

キャンペーン実施中!

今ならお試し1袋が初回限定15%オフ!

\小型犬の健康維持をサポート/

4位:ナチュロル

ナチュロル
ナチュロルの総合評価

割引制度 価格 1日あたりコスト
定期購入割引
初回限定お試し30g
1.7kg
5,478円(税込)
250円

※1日あたりのコストは体重5kgを想定して記載しています。

子犬からシニア犬、全犬種に対応したナチュロルは、原材料から製造までとことん国産にこだわった高品質ドッグフードです。

保存料、化学調味料不使用。オイルコーティングはせず、原材料本来の風味の良さを活かしています。

ビタミンCを配合することにより、健康を体の内側からサポート。免疫力をキープし、いつまでも健康でいてほしい…そんな気持ちが込められています。皮膚や被毛に元気がない、肥満が気になる愛犬には特におすすめです。

キャンペーン実施中!

今なら1食分のサンプルが100円!

\健康と食いつきを追求したプレミアムドッグフード/

5位:カナガン

カナガンドッグフード

カナガンの総合評価

割引制度 価格 1日あたりコスト
定期購入割引
まとめ買い割引
2kg
4,356円(税込)
198円

※1日あたりのコストは体重5kgを想定して記載しています。

カナガンは、高品質なチキンをベースに動物性タンパク質を効率的に摂取できるよう調整されたドッグフードです。

肉食である犬にとって、良質なチキンで良質なタンパク質を摂ることは健康的な体作りには必須。

そのほかグレインフリーで消化の負担にならないよう配慮され、ヒューマングレードの食材を使うことで高品質に仕上げています。愛犬にとって必要な栄養素だけをぎゅっと詰め込んだ、評判の良いドッグフードです。

キャンペーン実施中!

今なら定期コースで最大20%オフ!

\愛犬の健康的な体作りをサポート/

市販のドッグフードを選ぶときのポイント

犬 かわいい

市販のドッグフードで確認するべきポイント

  • 良い原材料を使用
  • 無添加
  • 栄養バランスが完璧

市販のドッグフードを選ぶときに「TVのCMで見かけたから」「パッケージ買い」「健康に良さそう」など、曖昧なイメージで選んでいませんか。確かに値段が安いドッグフードはお財布に優しいですが、健康を害する原材料がたくさん使われていることも多いです。

品質の良し悪しは知名度ではなく、使用されている原材料や成分をきちんと見極めて判断する必要があります。

以下では、市販で売られている有名なドッグフード10種の原材料の品質を100点満点で評価し、「評価した点数」と「値段」がどのように関係するのかをまとめています。

市販のドッグフード10種の穀物使用と値段を調査!

市販のドッグフード1:ユーカヌバ

穀物使用 値段
トウモロコシ粉、粗びきコムギ、粗びきグレインソルガム、粗びきオオムギ 2,942円

ユーカヌバには様々な種類がありますが、原材料の穀物使用に大きな差はありませんでした。調べた10種の中ではもっとも穀物使用は高いですが、pepyの「安心安全」基準である90点は超えません。

市販のドッグフード2:ピュリナワン

ピュリナワン
穀物使用 値段
米、コーングルテンミール、とうもろこし、小麦 1,609円

ピュリナワンはアメリカの企業「ネスレ」が販売するドッグフードです。

市販のドッグフード3:カークランド

KS カークランドシグネチャー スーパープレミアムドッグフード ラム ライス&ベジタブル
穀物使用 値段
玄米、米ぬか、米、精製麦 3,398円

カークランドは「コストコ」で市販されているドッグフード。大容量でコスパが良いのが特徴的です。

市販のドッグフード4:サイエンスダイエットPRO

サイエンスダイエット
穀物使用 値段
小麦、コーングルテン、玄米、チキンエキス、オート麦ファイバー 3,583円

サイエンスダイエットPROは療法食です。体に何も異常がないうちから主食としてあげることや、獣医師さんの指示を仰がずに与えることはおすすめしません。

市販のドッグフード5:スーパーゴールド 低アレルゲンフード

スーパーゴールド フィッシュ&ポテト 子犬・成犬用
穀物使用 値段
グレインフリー 2,470円

スーパーゴールドは魚とポテトを原材料に使用しているアメリカ原産のドッグフードです。

市販のドッグフード6:サイエンスダイエット

サイエンスダイエット
穀物使用 値段
トウモロコシ・小麦・米 2,470円

サイエンスダイエットも「PRO」同様に療法食です。体に何も異常がないうちから主食としてあげることや、獣医師さんの指示を仰がずに与えることはおすすめしません。

市販のドッグフード7:愛犬元気

愛犬元気
穀物使用 値段
トウモロコシ、小麦粉、コーングルテンミール、フスマ、コーングルテンフィード 等 897円

このあたりからかなり穀物使用と値段が低くなります。「ミール」や「パウダー」といった品質が不透明な肉類を多く使用している他、人工添加物も入っています。

市販のドッグフード8:ビタワン

ビタワン
穀物使用 値段
コーンフラワー・小麦グルテン・小麦粉 972円

ビタワンは国産チキンをベースにビーフやささみを調合したドッグフードですが、原材料をみるとおすすめとはいえません。

市販のドッグフード9:いぬのしあわせ

いぬのしあわせ 小型犬 1~6歳までの成犬用
穀物使用 値段
小麦粉、ホミニーフィード、とうもろこし、コーングルテンミール、脱脂米糠 1,210円

いぬのしあわせも国産のドッグフードですが、決しておすすめとはいえません。「国産だから安心」ということは必ずしもいえないのです。

市販のドッグフード10:ペディグリー

ペディグリー
穀物使用 値段
穀類 851円

ペディグリーはタイで生産しているドッグフードです。「青色2号」「赤色102号」「黄色4号」「黄色5号」「二酸化チタン」など合成着色料をふんだんに使用しています。

市販ドッグフードの穀物使用と値段の関係まとめ

犬 かわいい

※それぞれ1袋あたりの価格です。商品によっては2袋で1つと設定されているものがあります。

上記で紹介したおすすめドッグフード5種と市販のドッグフード10種類を得点(穀物使用)順に並び替えると上記の表になります。

「安くて良いドッグフードを選びたい」と思うのは当然ですが、この表から穀物不使用で安いドッグフードは存在しないということが分かります。

食費は抑えず、良質なドッグフードを選んでください!

犬 かわいい

市販の有名ドッグフード10種類の穀物使用を点数で評価した結果、安全だし安いドッグフードは存在しないということがわかりました。

「安さ」だけでドッグフードを選ぶと、お財布には嬉しいですが愛犬の体にとっては嬉しくないということです。

是非愛犬の食費は節約せず、安全な原材料で構成されるプレミアムフードを選んであげてください。

↓ドッグフードまとめ記事を読む↓